たかがネイル、されどネイル

18歳で同じ歳の彼とデキ婚しました。今までは、家事なんて一切やった事なかったから2人で暮らすようになって、大好きな彼の為に、お料理やお洗濯そしてお掃除するのが楽しくって楽しくって。お料理だって、失敗も多いけど美味しいよって必ず言ってくれるから頑張りがいもあったんです。

ASCII.jp:潤う指先でタッチ! スマホのためのオススメ指先スキンケア (1/3)

そんな生活の中、子供が誕生しました。産まれたばかりの赤ちゃんって、なんでこんなに手が掛るんでしょうね。でも幸いな事に、彼も思いっきり協力してくれたし、私の実家の両親と彼の実家の両親もいろいろと助けてくれたので、若い新米ママの私でもなんとか無事に育てる事ができました。子供が3歳くらいになるとずいぶん楽になるものなんですね。そうなると今までずっとお断りしてた友人たちに会いたくなったんです。



彼が、その日は子供の面倒みるよって言ってくれたので、久しぶりに友人たちと飲みに行く事が出来たんです。でも、久しぶりに会った友人たちにすごいショックを受けた私の気持ち、わかってもらえますか?皆、すっごい最先端の洋服を着て、つけまつげで目元ぱっちりだし。でもなによりもショックだったのが、皆、綺麗なネイルをしてるんです。

マニキュアの歴史

結婚前の私は、洋服のセンスいいよねって言われたり、目元のメイクだって誰よりも完璧だったし。それよりなによりネイルを欠かした事なんてなかったのに。でも、家事をしているとネイルしてもすぐにはげちゃうからっていつの間にかしなくなってたんだよね。そしたら、ジェルネイルの事を教えてもらって早速、翌日ネイルサロンに行きました。値段はちょっと高いけど、これで自分のテンションが上がるなら、たかがネイルかもしれないけど、されどネイルなんです。